1. 風見鶏歌詞

「風見鶏」の歌詞 コブクロ

2007/3/21 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
何気なにげなくわした約束やくそくこころみちらすよ
あの日始ひはじまった物語ものがたりかぎとなり どんなとびらけてくれた

てっぺんがえないほどたかい フェンスのこうがわへと
ゆめだけさきほうげてよじのぼいのりのつめてた

いつのかいかぜさが風見鶏かざみどりのように
っすぐ時代じだいかい きてゆきたい
さないように ながされないように
こころふかふかてた 風見鶏かざみどり

きながらきみがくれた手紙てがみ 財布さいふすみにおいてある
なつかしいこえをなぞるような丸文字まるもじ何度力なんどちからりただろう

ゆずれないおもいをにじませた なみだ かわかぬみち
きざ足跡あしあともやがてえゆく そこにかせてゆこう 微笑ほほえみのはな

いつの朝焼あさやけにわたどりのように
幾重いくえねがいが そらてにえがくよ
たたずかぜあと たどればどこかで
きっと きっとってる 君想きみおもう・・ 'causeコーズ Iアイ believeビリーブ myマイ dreamドリーム

やさしさ見失みうしなってまでつよくなって なにまもれるのだろう
一番いちばんそばにあった笑顔えがお場所ばしょ さがしているのに

いつのか いつのか もう一度いちどあのまちきみ場所ばしょまで
っすぐ自分じぶんかい きてゆきたい
よわ自分じぶんてるなら だれけたっていさ
くちびる みしめれば こえるよ きみこえ
いつの風見鶏かざみどり