1. 62歌詞

「62」の歌詞 シュノーケル

2006/4/26 リリース
作詞
西村晋弥
作曲
西村晋弥
文字サイズ
よみがな
hidden
人気ひとけない バルコニー肩寄かたよせて
ラララ おなそら見上みあげてた

62m先ろくじゅうにメートルさき 工事中こうじちゅう目覚めざましが
夕暮ゆうぐひび舗道ほどう
よくかよったカフェテラス すこにが珈琲コーヒー
きみきだったテーブル

62号室ろくじゅうにごうしつかぎ びついたドアのこう
ずっとけたままの場所ばしょ
隙間すきまからひかり キラキラがるほこり
きみがくれたいくつかのうそ

じてそっとみみをすませば いまのこ鼓動響こどうひび

おもばかりんだバッグ きみあゆんできたぶんだけ
大切たいせつにしまいこんだまま 別々べつべつ方向ほうこう

62ろくじゅうにページにあるみじか夢物語ゆめものがたり
挿絵さしえかれたふたつのかげ
おとぎのしろかって をつなぐうし姿すがた
しろよるつつまれて

左手ひだりてにずっときみのぬくもり はらえないままいたよ

せないかげないふりして いつもつよがりってただけ
がつけば大切たいせつ日々ひびなにわずぎていく

おもばかりんだバッグ きみあゆんできたぶんだけ
大切たいせつにしまいこんだまま 別々べつべつ方向ほうこう

ひとりきり バルコニーたたずんだ
ラララ おなそら見上みあげてる