「夏音」の歌詞 ナオト・インティライミ

2010/7/7 リリース
作詞
ナオト・インティライミ
作曲
ナオト・インティライミ
文字サイズ
よみがな
hidden
世界中せかいじゅう一番大切いちばんたいせつな キミにささげるよ このうた
何気なにげないはじまりだったけど いまはもうキミじゃなきゃダメなんだ

いたらもう 平凡へいぼん日々ひびが かけがえのないものになってた
こんな事初ことはじめてなんだ

Ah ボクら二人ふたり 「ありがとう」の笑顔えがおと「ごめんね」のやさしさを
これからもずっと 二人ふたりかちって あるいていこう
Ah ボクら二人ふたり わらっていて いつまでもおたがしんうことができるように
キミにちかうよ このあい

「あのころは…」なんてえるくらい たくさんの季節きせつをキミとえて
そのおも出1でひと1ひとつが ボクをつよくするんだ

出会であえてなければ 気付きづけなかったこと 多過おおすぎてちょっとこわくなるよ
だからいつまでもそばにいて

Ah ボクら二人ふたり どんなにときながれても わらぬおもいでいよう
きっとキミとなら それができるって おもえるよ
Ah ボクら二人ふたり わらっていて いつまでもおたがしんうことができるように
キミにちかうよ このあい

あのなつにボクら 心響こころひびかなでた夏音なつおと いま二人ふたりつなぐメロディー

Ah もしもキミが つらかったりかなしみにれそうなとき
すぐにんでいって キミのこと きしめてあげるから
Ah ボクら二人ふたり わらっていて いつまでもおたがしんうことができるように
キミにちかうよ このあい

キミにおくるよ このうた