1. 星降る夜になったら歌詞

「星降る夜になったら」の歌詞 フジファブリック

2008/1/23 リリース
作詞
志村正彦
作曲
金澤ダイスケ,志村正彦
文字サイズ
よみがな
hidden
真夏まなつ午後ごごになって うたれたとおあめ
どうでもよくなって どうでもよくなって
ホントかうそかなんて ずぶれになってしまえば
たいしたことじゃないと わらいをしたんだ

西にしからひがしへと くもがドライブして
やわらかながさして なにもかもかわかして
昨日きのうゆめがなんか つづいているみたいだ
そのさきがみたくなって ストーリーをえがくんだ

雷鳴らいめいとおくへ なにかがわって

星降ほしふよるになったら
バスにってむかえにくとするよ
いくつものそらくぐって
かずにまちるよ

かぎをくるくるまわして ミントのガムをんで
あふれるエネルギーで まえのめりにはしるんだ
クラクションのおとはもう にならなくなった
どうでもよくなって どうでもよくなって

雷鳴らいめいとおくへ なにかがわって

星降ほしふよるている
めたゆめつづきに期待きたいをしてる
かがや夜空よぞらした言葉ことばさきっている

だまってている ちてくスーベニア
フィルムのような 景色けしきがめくれた
そしてづいたんだ ぼくしたんだ

星降ほしふよるになったら
バスにってむかえにくとするよ
いくつものそらくぐって
かずにまちるよ

星降ほしふよるている
めたゆめつづきに期待きたいをしてる
かがや夜空よぞらした言葉ことばさきっている