1. もう桟橋に灯りは点らない歌詞

「もう桟橋に灯りは点らない」の歌詞 中島みゆき

1994/10/21 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもおぼえていないあの桟橋さんばし
まだあかりがともっていたころのこと
だれもおぼえていないあの桟橋さんばし
いつもかくれてっていた二人ふたりのこと
なにもない二人ふたりあたえあえるものもなく
なにもない二人ふたりゆめはなしだけをした
もうあの桟橋さんばしともりはともらない
ただ鉄条網てつじょうもうさむひかるだけ
だれもおぼえていないあの桟橋さんばし
きれいなビルになるらしい

ほしにたとえて名前なまえつけたなつ
よるながさがわるのをてないあき
えた指先ゆびさきキスであたためたふゆ
似合にあわないたがいのスーツわらったはる
無邪気むじゃきだったあたしはあいつだけのものだった
無邪気むじゃきだったあいつはあたしだけのものだった
もうあの桟橋さんばしともりはともらない
ただ潮風しおかぜりのまま
だれもおぼえていないあの桟橋さんばし
もうともりはともらない

もうあの桟橋さんばしともりはともらない
ただ潮風しおかぜだけがりのまま
だれもおぼえていないあの桟橋さんばし
きれいなビルになるらしい