「兆しのシーズン」の歌詞 中島みゆき

1993/4/21 リリース
作詞
中島みゆき
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむりそこねた真夜中まよなか まどあめ
いつからゆめなかしのんだの
うなされていたうわごと ましても
くちびるにまだリアルにただよっている
こんな理由りゆうでなんかいにゆけないわ

もう一人ひとりではねむれない きざしのシーズン
こわれたらかなしい でもそれよりもこいしい
もうつよがりの限界げんかい きざしのシーズン
いなされてしまうのかしら

りつのらせてゆくあめ あつくなるむね
うるんでひとみなか 意地いじがくずれる
貴方あなたとおざかってくゆめいたわ
おろかしいほどにわたし すがりついてた
らずらずのうちにかたむいてたのね

貴方あなただけがづかない きざしのシーズン
なぜおんなのほうからじゃ 強気つよきられない
もう半端はんぱじゃわれない きざしのシーズン
いなされてしまうのかしら

貴方あなただけがづかない きざしのシーズン
なぜおんなのほうからじゃ 強気つよきられない
もう半端はんぱじゃわれない きざしのシーズン
いなされてしまうのかしら