1. Winter Wish歌詞

「Winter Wish」の歌詞 中川翔子

2008/1/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
木枯こがらしにかれたら突然とつぜん きみいたくなるよ
あわただしい日々ひびこころまで こごえそうなよる
さむさをわけにして二人ふたり あるいたよね
「だからふゆき」なんてって まるで子供こどもだね

えないさびしさや不安ふあんよりいま
いたいひとがいること しあわせだってなぜだかおもえた

Winterウィンター Wishウィッシュ はなれているときも ふいに笑顔えがおになれる
ずっとちいさな瞬間しゅんかんを たいせつにかさねていこう
Winterウィンター Wishウィッシュ えきったつないだあとのこ
ずっとえないぬくもりを ねがいのようにきしめて

二人ふたり毎日まいにちって いつかれてしまっても
しろいきつたえた言葉ことばわすれずにいよう

去年きょねんおな場所ばしょきみ
あたりまえにえるけど 奇蹟きせきみたいなものかもしれない

Winterウィンター Wishウィッシュ これからいくつもの ふゆあつめていこう
きっとどんな出来事できごとでも きみとならあたためられる
Winterウィンター Wishウィッシュ 一人ひとりあるくたび 一人ひとりじゃないとわかる
きっとえないぬくもりが いつもまもってくれるから

あおひか街路樹がいろじゅより
今年最初ことしさいしょゆきより
きみえる普通ふつう
わたしには特別とくべつなんだよ

Winterウィンター Wishウィッシュ はなれているときも ふいに笑顔えがおになれる
ずっとちいさな瞬間しゅんかんを たいせつにかさねていこう
Winterウィンター Wishウィッシュ えきったつないだあとのこ
ずっとえないぬくもりを ねがいのようにきしめて