1. 気づいたら片想い歌詞

「気づいたら片想い」の歌詞 乃木坂46

2014/4/2 リリース
作詞
秋元康
作曲
Akira Sunset
文字サイズ
よみがな
hidden
づいたら片想かたおも
いつのまにかきだった
あなたをおもうそのたび
なんだかせつなくて…

ひとまれて何回なんかい出会であいがあるの?
今度こんどこそ運命うんめいだなんていつもしんじて
それでもなぜかすれちがってきずついて
絶対ぜったい こいなんかするもんかとあれからめていたのに…

紹介しょうかいされたとき興味きょうみないりをして
無愛想ぶあいそうだったのは自分じぶんまもるためだった
誕生日たんじょうびもクリスマスもバレンタインデーも
一人ひとりでもごせるつよさを
ようやくにつけたはず

(だめよ)あなたがどこにいるかになるし
(無理むりよ)電話掛でんわかけてこえきたい
(いやよ)あんなにくるしくてつらい日々ひび
なみだだって もうれたいまわたし

づいたら片想かたおも
いつのまにかきだった
あなたをおもうそのたび
なんだかせつなくて…
づいたら片想かたおも
みとめたくはないけど
強情ごうじょうになっているぶん
こころもろいかも…

友達ともだち一人ひとりだとおももうとして
無理むり普通ふつうでいようとしてたら余計よけいにぎこちない
あなたを紹介しょうかいしてくれた彼女かのじょのことまで
ちかづく異性いせい嫉妬しっとして
あきれさせるでしょう

(ずっと)きずつかない唯一ゆいいつ方法ほうほう
(わざと)臆病おくびょうでいることしかなくて
(だけど)でも自分じぶんうそはつけない
人混ひとごみのなか そうあなたをさがしていた

はじめからわかってた
いつのにかきになる
あなたとったとき
本当ほんとう予感よかんしてた
はじめからわかってた
特別とくべつひとだった
こいとはあたえられるもの
けっしてあらがえない

感情かんじょうおさえてもいきくるしくなる
こんなにきなのに言葉ことばにしたらえそうで

づいたら
づいたら
づいたら片想かたおも
いつのまにかきだった
あなたをおもうそのたび
なんだかせつなくて…
づいたら片想かたおも
みとめたくはないけど
強情ごうじょうになっているぶん
こころもろいかも…

れるしかないね