「両国橋」の歌詞 五木ひろし

2009/2/25 リリース
作詞
喜多條忠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
背中せなかつちをつけたまま
回向院えこういんから両国橋りょうごくばし
きにたのか都鳥みやこどり
いてたまるか 土俵どひょうなかにゃ
故郷くにのおふくろ おとといもと
わせるこめまってる

関所せきしょとおときでさえ
相撲取すもうとりなら手形てがたらぬ
天下御免てんかごめんおとこ意気いき
張手はりてらって尻餅しりもちついて
なんのどすこい 鉄砲てっぽうばしら
明日あすゆめを こめて

みじか浴衣ゆかた うす草履ぞうり
ふゆ北風きたかぜ 両国橋りょうごくばし
ほし見上みあげる裸虫はだかむし
けてたまるか ザンバラかみ
櫓太鼓やぐらだいこちかったからにゃ
いつかはうぞ 大銀杏おおいちょう