「長崎から船に乗って」の歌詞 五木ひろし

1971/9/20 リリース
作詞
山口洋子
作曲
平尾昌晃
文字サイズ
よみがな
hidden
長崎ながさきからふねって
神戸こうべいた
ここはみなとまち
おんないてます
みなとおんなは お人好ひとよ
いいことばかりの
そのあとで
しろかもめ
ああだまされる
ああ だまされる
彼岸花ひがんばな
横浜よこはまからふねって
別府べっぷいた
ここは小雨こさめまち
おんないてます
みなみおんな
一本気いっぽんぎ
花祭はなまつりの
いたずらに
ちょっとだけよが
ああ いのちとり
ああ いのちとり紅椿べにつばき

函館はこだてからふねって
東京とうきょういた
ここは日暮ひぐれまち
おんないてます
都会みやこおんな
うすなさけ
れているやら
いないやら
なんでもなさそに
ああ きずついた
ああ きずついた芥子けしはな