「さよならは8月のミラージュ」の歌詞 井上昌己

1992/3/25 リリース
作詞
古賀勝哉
作曲
芦沢和則
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならは8月はちがつのミラージュ
フィアンセがってるあなたにはてない
くちづけはかぜのないヴィラージュ
わけらない なつによくあること

素顔すがおいたのは月灯つきあかりのルージュ
真夜中まよなかのプールサイドで
そのもないくせにさそうふりをしてくれたね
最後さいごまでフェミニスト

マリーナのざわめきにまぎれて
き」とつぶやいてもこえないあの
もう一度いちど もどりたいあなたと
センチメンタルには早過はやすぎる8月はちがつ

東京とうきょうじゃえないソーダの空壜あきびん
バッグにしのばせてかえ
わすれてしまうまで ひとりきりのワンルームで
波音なみおとけるように

・・・・・フォトグラフ一枚残いちまいのこせないね

ひとなつたわむれたホテルが
サイドミラーのなか 夕陽ゆうひまるころ
渋滞じゅうたい国道こくどうにじんだ
いくつかのメモリー かるはずみなFall in love

さよならは8月はちがつのミラージュ
フィアンセがってるあなたにはてない
くちづけはかぜのないヴィラージュ
わけらない なつによくあること