「はじめてのJealousy」の歌詞 井上昌己

1991/1/11 リリース
作詞
古賀勝哉
作曲
大田黒裕司
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのこえがよそよそしくて
さむいソファーのそば
紅茶こうちゃれる その背中せなかには
どんな秘密ひみつがあるの

あの日会ひあえない理由りゆうが よみがえるむね
だれかのかたせる あなたがかぶ

はじめてのJealousyが そのとき かげとした
リビングのまちかなしいひとみにじ

もうわたし 気付きづいてる
こいわり

いつもどおりにふるまうけれど
きゅう無口むくちになる
まるつもりで ああ たくせに
くつをはきかけてる

そとあめだとうような 何気なにげないこえ
そうねこころれるから たぶんあいしてる

はじめてのJealousyはちいさなきずのこした
りてかさだけど このままもらっておくわ

あなたにはもどれない
こいわり

はじめてのJealousyはつめたいなみだになった
このむねおもしずかにしまっておくわ

あめまち おもかさ
こいわり