1. 娘がねじれる時歌詞

「娘がねじれる時」の歌詞 井上陽水

1999/7/28 リリース
作詞
井上陽水
作曲
井上陽水
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなか街角まちかどにキラリとひか
のらねこひとみではまさかあるまい
家出いえでするむすめにはくあてもない
おちついてかんがえること出来できない

公園こうえんのベンチよりホテルの部屋へや
恋人こいびとくちびるきとうごいた
勇気ゆうきならちなさい とくになるから
リンゴならべなさい なかなかまで

そのとき夜空よぞらがゆがむ
かなしいむすめもゆがむ
こころからだあいがねじれる

むすめには父親ちちおや5人ごにんたが
父親ちちおや会社かいしゃには守衛しゅえいない
情熱じょうねつ生産せいさん反比例はんぴれいをし
社長しゃちょうには8人はちにん愛人あいじん

母親ははおやはいつまでもむすめさが
街中まちじゅうふだつきとネンゴロになる
父親ちちおやはこれまでとやみをやり
のらねこひとみからあいかんじる

そのとき夜空よぞらがゆがむ
かなしいむすめもゆがむ
こころからだあいがねじれる