1. 限りない欲望歌詞

「限りない欲望」の歌詞 井上陽水

2008/7/16 リリース
作詞
井上陽水
作曲
井上陽水
文字サイズ
よみがな
hidden
かぎりないもの それが欲望よくぼう
ながれゆくもの それが欲望よくぼう

子供こども時欲ときほしかったしろくつ
ははにねだりれたしろくつ
いつでもそれを どこでもそれをはいていた
ある日僕ひぼくはおつかいにまち
靴屋くつやさんのまえまった
すてきなくつかざってあった あおくつ

かぎりないもの それが欲望よくぼう
ながれゆくもの それが欲望よくぼう

ぼく20才はたちになった時君とききみ
きみぼくのすべてだとおもってた
すてきなきみしいとおももとめていた
きみぼく教会きょうかいむすばれて
指輪ゆびわかわすきみゆび そのゆび
なんだかぼく見飽みあきたようでいやになる

かぎりないもの それが欲望よくぼう
ながれゆくもの それが欲望よくぼう

ぼくはやがてとしをとり んでゆく
ぼくはそれをあたりまえとおもってる
それでもぼくはどうせぬなら 天国てんごく

かぎりないもの それが欲望よくぼう
ながれゆくもの それが欲望よくぼう

かぎりないもの それが欲望よくぼう