「花火」の歌詞 吉村由美

1997/8/6 リリース
作詞
SAKURAI Tetsutaro
作曲
SAKURAI Tetsutaro
文字サイズ
よみがな
hidden
ハデなケンカしたら 地味じみ横顔よこがお
そこで二人ふたり そのつぎ どうする?

まえ失敗しっぱいおもそうよ
だまったそのあとが だいじな瞬間しゅんかん

火花ひばながとぶ そのとき…

ねつがのこるかえみちは いらついて
悪気わるぎのない言葉ことばで ぶつかる

きよ だから意地いじをはってしまう
くもり ぞらをこえて げたい

花火はなびとばそう おおきな…

きらいとおもうとき むねさわ
不思議ふしぎいかりが まらないなら

火花ひばながとぶ! こころに…

夜空よぞらはいつも 地味じみだから
たまにはハデに らそう

あいしてる」といったならば からぶりさ
だまったまま 路肩ろかたあるこう

ふたり 別々べつべつおも
不安ふあんそらをこえ つめあえたら

花火はなびがとぶ ひとみ

しまにいこうよ… そしたら…