1. 19歳最後の唄歌詞

「19歳最後の唄」の歌詞 大知正紘

2011/4/13 リリース
作詞
大知正紘
作曲
大知正紘
文字サイズ
よみがな
hidden
全部受ぜんぶうりだって げるのはもうめた きみきだった
一年半いちねんはんという時間じかんおもったよりもはやかった きみはどうだろう

あのころゆめすこしずつだけどうごはじめている となりたいときみってたゆめ

きみ今居いまい場所ばしょれているんでしょうか そうだとしたらぼくうれしい うれしい
ぼくかさくしたけれど 明日あすにはどうやらむらしい だからきみきみみち

近頃ちかごろうみはさんで 不穏ふおん空気くうきながれる 友達ともだち半年前はんとしまえ電話でんわ予想よそうしたこと
おとうと就職先しゅうしょくさきまったことうれしい だけど怪我けがしてかえってきたらだなぁ だなぁ

実家じっかってる四匹よんひきねこ あとどれくらいきられるのかな
ぼくらはあとどれくらい わらってられる

みんなが今居いまい場所ばしょれているんでしょうか そうだとしたらぼくうれしい うれしい
かさくしていたとしても土砂降どしゃぶりだったとしても
明日あすにはどうやらむらしい むらしいんだ

言葉ことば出来できないことばかり うしないたくないたくないものばかり
きたくなるほどに いとしいひとばかりだ

ぼく今居いまい場所ばしょ土砂降どしゃぶりだったとしても きみわらってくれるなら うれしい うれしい
かさられたとしても 絶望ぜつぼうしたとしても 明日あすにはどうやらこのあめむらしいよ

うみこうではなにきているんでしょうか
このかんでるなにってなにらないで

きになったり きらいになったり かえして
それなりの出会であいとわかれをしたになって
きそうになるほど日々ひびまえとおぎてく
いとしいひとむねぼくくよ

もうすぐ成人式せいじんしきひさしぶりにみんなにえる これが最後さいごじゃなかったらいいな