1. 夜と星の足跡 3つの提示歌詞

「夜と星の足跡 3つの提示」の歌詞 安藤裕子

2006/1/25 リリース
作詞
安藤裕子
作曲
安藤裕子
文字サイズ
よみがな
hidden
何度なんど夢見ゆめみていた おさなころよりまえこえ
たしかなモノはないって 自分じぶん意思いしったから 「たしかさ」

だれかがあしつかんで あなたにちさせないよう
わたしめさせている だからあなたもしんじられない

れたよるほしまみれたら 二人ふたりのこしてすべてをそう
わたしがいるとあなたのことを うたがってしまうかもしれない・・・。
うたがってばかり

なでるようえていく 波間なみますなうえあるいてきたから
いつもくずれてしまうこのさきみちまよんでいたのね?

わたし今抱いまだげて あなたをちさせないよう
すくげられるのなら あなたのつかめるのなら

れたよるほしおく夜空よぞらかざってあなたをらす
わたしがいるとあなたのことを うたがってしまうかもしれない?
しちゃおうかな・・・。

かさねたひらからこぼれたちかいを しされずにいているのは何故なぜ?
さようならを
わすれられてしまったきよ約束やくそく永遠えいえんもとめているだれ?
さようなら

れたよるほしまみれたら 二人ふたりのこしてすべてをして
あなたがいるとわたしはいつか うたがってしまうかもしれない・・・。

れたよるほしおく夜空よぞら見上みあげてわたしねが
わたしがいてもあなたのことうたがってしまうことのないように

どうかうたがわぬように このまま此処ここさせてください