1. 歩く歌詞

「歩く」の歌詞 安藤裕子

2010/9/8 リリース
作詞
安藤裕子
作曲
安藤裕子
文字サイズ
よみがな
hidden
こころが きっとおさないんでしょう
あなたのことろうともせず 見誤みあやまっていた
きずけることにだけけて
きばをむけば やすらぐように

はしちかけた夕陽ゆうひ
けるようにつらなった 景色けしきえて
おとのない部屋へや中何なかなにかがけてる

そして

あなたののこしたものをつけ むねいだ
今日きょうはこれにいてねむろうと
そしてのぼ朝日あさひに そっとキスをおく
いつもどおりの笑顔えがおで きっとはじめようと

あなたがわたしおしえてくれた おおくのこと
いまになってよみがえってくる
かおすこ似始にはじめたようで
かがみわらってみせる

かえばす ときつかまえて
きしめて きしめて さけんでみても
るがないかべなか わたしいてる?

けっして

あなたをわすれないと つよむねきざ
あなたのおもっては 明日あすむかえよう
やがてそらうごいて そっとほしらす
わる今日きょうながして よるはし