「ひと晩泊めてね」の歌詞 小林幸子

1985/2/25 リリース
作詞
喜多條忠
作曲
美樹克彦
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとばん めてね
明日あしたになれば
このまま何処どこかに
たびるから
突然とつぜん ごめんね
やっぱりわたし
さみしくなったら
ここに るのね
あの人今ひといまごろ
手紙てがみてる
やさしいひとには
つばさがあって
わたしのちからじゃ
しばっておけない
なみだとあなたが
最後さいご友達ともだち
ひとばん めてね

シャワーを してね
部屋へやからたら
いきなりあめでしょ
ついてないわね
むかしのまんまね
洗濯せんたくものは
ついでがあったら
しておいてよ
おとこおんな
不思議ふしぎなものね
いっしょに るほど
えなくなって
にくんだぶんだけ
あいしていたのね
なみだとあなたが
最後さいご友達ともだち
ひとばん めてね
なみだとあなたが
最後さいご友達ともだち
ひとばん めてね