1. 孔雀歌詞

「孔雀」の歌詞 小林幸子

2003/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとりぼっちでうたってた
郷里くにはなれた
ちいさなアパートで
ゆうやけぞらまどこうに
なみだでちぎれたははかお
あれはさくらいていた
アメリカむら
芝生しばふにわにも
兵隊へいたいさんの
陽気ようきJazzジャズ
おさなごころにかなしかった
うたうことは
くことよりも
かなしいことだと
ったけど
みんな昔昔むかしむかしのはなし
きしめたいほど
なつかしい
舞台うたは わたしの
人生じんせいだけど
かごでさえずる とりじゃない
舞台うたは わたしの
かただけど
ラララ… ラララ…
しあわせは… どこ?

ひとりぼっちで
いていた
はは手紙てがみ
何度なんどかえ
明日あすかえろう
うたなどやめて
カバンにつめこむあかくつ
あれは小雪こゆきっていた
見知みしらぬまち
さびれた小劇場こ や
だるまストーブ
かかえたゆび
あわれなほどに
しろだった
きることは
ぬことよりも
せつないことだと
ったけど
それも昔昔むかしむかしのはなし
きしめたいほど
なつかしい
舞台うたは わたしの
人生じんせいだけど
そらべない
孔雀とりじゃない
舞台うたは わたしの
かただけど
ラララ… ラララ…
青空あおぞらは… どこ?
舞台うたは わたしの
人生じんせいだけど
かごでさえずる とりじゃない
舞台うたは わたしの
かただけど
ラララ… ラララ…
かただけど…
ラララ… ラララ…
ラララ… ラララ…