「悲しみの帳」の歌詞 小林幸子

2008/2/20 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとそばにあるとしんじてた
夕影ゆうかげ微笑ほほえしあわせは
よそしてるにいなくなって
時間じかんもどせるならとくばかり
残照ざんしょうかくやみのように
くろいビロードのかなしみは
こころにかかりしあわせのまく
くようにおもえるけど

一番星一いちばんぼしひとつだけつけた
夕闇ゆうやみそらも いつかれて
そのひかり ちいさくてえずにいた
星屑ほしくず夜空よぞらまたたくよ

かなしみはきっとあなたのこころ
なに気付きづかせるためにりたとばり
なみだいて よこをむいてみて
ほら あなたは一人ひとりじゃない
わたしはそばいにいる

うしなってはじめてしあわせに
づいたときわたしにもある
大事だいじことときだったと
えるようにときてきた

やみがあるから星屑ほしくずかがやける
太陽たいようがあるからつきかがやける
おなじようにおたがいをたすうために
わたしたちは一緒いっしょにいるの

かなしみはきっとあなたのこころ
なに気付きづかせるためにりたとばり
なみだいて よこをむいてみて
ほら あなたは一人ひとりじゃない
わたしはそばいにいる

一番星一いちばんぼしひとつだけつけた
夕闇ゆうやみそらも いつかれて
そのひかり ちいさくてえずにいた
星屑ほしくず夜空よぞらまたたくよ

かなしみはきっとあなたのこころ
なに気付きづかせるためにりたとばり
なみだいて よこをむいてみて
ほら あなたは一人ひとりじゃない
わたしはそばいにいる

なみだいて よこをむいてみて
ほら あなたは一人ひとりじゃない
一緒いっしょしあわさがそう