1. dawn歌詞

「dawn」の歌詞 小池徹平

2007/6/27 リリース
作詞
小池徹平
作曲
小池徹平
文字サイズ
よみがな
hidden
街灯まちあかりにすこしだけ
嫌気いやけがさすときもあるさ
たされないなにかが出口探でぐちさがしてる

現実げんじつはいくつもの
選択せんたくせまってくるけれど
いつもまよってばかりだね

ポケットわずかな
ねがいをんでも
すりれてどうすることも出来できなくて
かえっては途方とほうれる

きゅうひとりになりたくて
よる高速こうそくただはしってみた
てられなかったおもいさえ
いまならてられるさ
どうしようもないことなんて
ありはしないとかせてみた
かぜおとだけが
まどからこえてくる

真夜中見知まよなかみしらぬ場所ばしょ
高台たかだい公園駐車場こうえんちゅうしゃじょう
つめたいアスファルトのうえころんで

なんとなくにごってるような
くもぞらえたけれど
よくりゃ全部星ぜんぶほしうみ

時折流ときおりながれる
ほしねがかせて
そんなこと真面目まじめにしてる自分じぶん
なぜかきゅう可笑おかしくなって

ぼく些細ささい現実げんじつ
とききずられる感情かんじょうだって
どうでもいいようなことのようで
ホントは意味いみがあるんだ
かたむいた三日月みかづきにも
かがや幾千いくせんほしにも
まれてしまいそうな
ちいさなぼくねが

もうすぐければ
あわひかり星溶ほしとけゆく
しろすためいき
かすんでえてしまえ
こごえるような空気くうきさえ
いまはなぜかぬくもりかんじて
自分じぶんなかなにかが
加速かそくしてわってゆく

とお東地平線ひがしちへいせん
ピンポンだまのような太陽たいよう
すこしずつかんでくれば
世界せかいえてくる
放射状ほうしゃじょうひろがる
ひかり帯身体突おびからだつ
こころからそうおもえるんだ
世界せかいまわつづける