「夏の終り」の歌詞 小田和正

1996/2/1 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
だれよりも なつかしいひとは
このおかそらきだった

あきらめないで うたうことだけは
だれにでも あさおとずれるから

やさしかったこいびとよ そのあとなにをいいかけたの
ぼくの言葉ことばがあなたを さえぎるように
こぼれた あのとき

けぬけてゆく なつおわりは
うすれてゆく あなたのにお

今日きょうはあなたの こえもきかないで
このまま ここから かえるつもり

そっと そこに このままで かすかにかがやくべきもの
けっしてもういちど このれてはいけないもの

でもあなたがわたしあいしたように

だれかをあなたが あいしているとしたら
ああ ときは さらさら ながれているよ

なつふゆにあこがれて ふゆなつかえりたい
あのころのこと いまでは すてきにみえる

そっと そこに このままで かすかにかがやくべきもの
けっしてもういちど このれてはいけないもの