「真夏の恋」の歌詞 小田和正

1994/7/16 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
そのかみれるために
そのこえをきくために
いつか ふたり
出会であうために
あるいてた はじめから
きみかえるたびに
あまかおりがして
きっと それが このむね
こんなにせつなくさせる
もっと もっと つよ
まよいも 不安ふあんも ためいき
なにもふたりを
もうはなせないように
きみれてゆく
きみきしめる
たヾ ふたりでいるだけで
それがおもになる
その言葉ことばが そのしぐさが
とききざんでゆく
やがておとずれるあき
わるなつのたそがれも
あめよるゆめなか
どこにいるときもふたり
真夏まなつこい
せつないくらいにえて
あいのゆくまヽ
こころにまかせて
りゆくなつ
のこされて
もっと もっと つよ
まよいも 不安ふあんも ためいき
なにもふたりを
もうはなせないように
きみれてゆく
きみきしめる
いま ているもの
かんじていること
なにから なにまで
つたえて
見上みあげるそら
とおぎるかぜ
すべてをきみめてゆく
なみだがこぼれないように
笑顔えがお わすれないように
どんなときも いつもこヽで
きみつめているから
もっと もっと つよ
まよいも 不安ふあんも ためいき
なにもふたりを
もうはなせないように
きみれてゆく
きみきしめる
真夏まなつこい
せつないくらいにえて
あいのゆくまヽ
こころにまかせて
りゆくなつ
のこされて
もっと もっと つよ
まよいも 不安ふあんも ためいき
なにもふたりを
もうはなせないように
きみれてゆく
きみきしめる