「君だけ」の歌詞 山崎あおい

2012/10/24 リリース
作詞
山崎あおい
作曲
山崎あおい
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ隣同士となりどうし 二人ふたりだけの地下鉄ちかてつ
りかかれないかたが もどかしいひだり

をつなぐだけで 気持きもちあふれそうなのに
かえらないで」なんてえない
見送みおくってほしかったけれど

こんなあたしだと きみはイヤになるかな?
きみおもうより あたしきみきなの

可愛かわいくないとこも 流行はやりをらないとこも
ゆるして「きだよ」なんて ってくれるのきみだけだから
なかなかわれない 寝癖ねぐせのままのわたし
あとすこきらわないでね? いつかわれるから

もしいまあなたを だれかがきになったら
てるようながしなくて こわくなっちゃうんだよ

「いっそきみすこきらいになれたら」
空回からまわりして そんなこともかんがえた

可愛かわいくないけれど 流行はやりもらないけれど
きみ私一番あたしいちばんかりえるとしんじているよ
つめたくしないでね 意外いがいもろこころなの
あたしらしくないけど 全部ぜんぶ 君次第きみしだいなの

きみとのはなかたきみとの距離感きょりかん
わすれてしまったみたい こいちた瞬間しゅんかん

可愛かわいくないとこも 流行はやりをらないとこも
ゆるして「きだよ」なんて ってくれるのきみだけだから
はなさないことに 夢中むちゅうになってしまうんだよ
あたしわらう そのかおがふと いとしくかんじたの