1. はぐれそうな天使歌詞

「はぐれそうな天使」の歌詞 岡村孝子

1986/7/2 リリース
作詞
来生えつこ
作曲
来生たかお
文字サイズ
よみがな
hidden
足元あしもとくすぐる なみさえ
すこ遠慮えんりょがち
わたし無邪気むじゃきになれずに
うみはなしてる
あのひとのこと
にしすぎてる
友達ともだち
わらうつもりが
きそうになった
こいしたら
さわがしいかぜ
はぐれそうな天使てんし
わたしのまわりであわててる
こいしたら
くもながれもはや
はぐれそうなこころ
あわててる

つめているだけで
ふいに あつくこみあげる
あのひとにも
づかれてる
かくせないこころ
ゆめはいくつも
えたのに
まるで 少女しょうじょ
ときめきほどに
はがゆい気分きぶん
潮風しおかぜ
からだごとさらしたら
すこしはらくになると
おもったわたし不思議ふしぎ
潮風しおかぜ
ぎゃくにあおられそうな
あやうい恋心こいごころ
あわててる
こいしたら
さわがしいかぜ
はぐれそうな天使てんし
わたしのまわりであわててる
こいしたら
くもながれもはや
はぐれそうなこころ
あわててる