「永遠の木もれ陽」の歌詞 岡村孝子

2000/8/23 リリース
作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
文字サイズ
よみがな
hidden
あたたかいな
あなたのうでのぬくもり
やすらぎを
はこんでくれるの
こわれそうに
つよがるわたしこころ
やさしくかしてる
ねむれぬ夜更よふけを
いくつかぞえて
やっとたどりついた場所ばしょ
もりけるかぜのように
そららすほしのように
しずかなあいでいつの
あなたをかんじている
まもるものがふえることは
とてもとても素敵すてきなこと
あなたのかたそそ
やわらかなもれ
なりたい

とおとお
未来みらいへとつづいたみち
とまどいれる
あるけれど
どんなとき
一人ひとりきりじゃないことを
わすれないでいてね
あなたとわたし
あいだながれる
かわはしをかけていく
ふかきりまよとき
どんなことに出逢であとき
ふたり あるいていけるから
きっと大丈夫だいじょうぶだね
わかりえるこの瞬間しゅんかん
ずっとずっとかさねながら
いつか今日きょう
ふたりで なつかしく
かたときまで
もりけるかぜのように
そららすほしのように
しずかなあいでいつの
あなたをかんじている
まもるものがふえることは
とてもとても素敵すてきなこと
あなたのかたそそ
永遠えいえんもれ
なりたい