「無人駅」の歌詞 岩佐美咲

2012/2/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
久地万里子
文字サイズ
よみがな
hidden
列車れっしゃまど
きたみさき
ぼかすようにゆき
あのひとわすれられたら
このたびわるのに…

はじめてのよる
いとしさをって
最後さいご
あさには
なみだ った

わたしなんか
いなくなっても
そうだれ
づかない
づかれない
途中下車とちゅうげしゃするのは
無人駅むじんえき

おも車輪しゃりん
うごして
むねおくきし
かなしみを見知みしらぬまち
りにしたかった

こごえるゆび
ぬくもりをさが
かさねたてのひら
おもした

しろいき
ゆき一緒いっしょ
かたるだけ
あいしたい
あいされたい
名前なまえさえもらぬ
無人駅むじんえき

わたしなんか
いなくなっても
そうだれ
づかない
づかれない
途中下車とちゅうげしゃするのは
無人駅むじんえき