1. 映写機が映す空歌詞

「映写機が映す空」の歌詞 彩冷える

2010/1/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
カタカタ音立おとたうつ映写機えいしゃき
しあわせだった日々ひび ながめていた

木漏こもにあなたの ぬくもりをかんじながら
追憶ついおくに もたれかり ときめたまま

あいしてるも サヨナラも まだいていないから
わすれること なんてできない
かならかえってくる」と きしめてくれたよね
涙堪なみだこらえ ただうなずいた

カタカタふるわす まどたたかぜ
とおくで した てつあめ

して見上みあげると 天駆あまかける戦闘機せんとうき
なつよるあなたと花火はなびのようにった

時代ときのうねりに はぐれた やさしいあなたの
どこでだれ明日あすうばうの
自分じぶんのためにあなたは 他人傷ひときずつけられるほど
よわひとじゃないから こわ

うそきらいなあなたを うそつきにしたくない
だからずっと つづける
シワのえたのひらで 今日きょうまわ映写機えいしゃき
涙溢なみだあふなにえない