「壊れかけのRadio」の歌詞 徳永英明

1990/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにこえない
なにかせてくれない
ぼく身体からだむかしより
大人おとなになったからなのか
ベッドにいていた
はじめてったくろいラジオ
いくつものメロディーが
いくつもの時代じだいつくった
思春期ししゅんき少年しょうねんから
大人おとなわる
みちさがしていた
けがれもないままに
かざられたきばのない
せる人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
いつもこえてた
いつもかせてくれてた
まどごしにそらをみたら
かすかな勇気ゆうきまれた
ラジオはっていた
ぼくこころをノックした
こいやぶれそうなむね
やさしいかぜった
はなやいだまつりのあと
しずまるまち
ほしながめていた
けがれもないままに
とおざかる故郷こきょうそら
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio

ギターをいていた
つぎのコードもわからずに
迷子まいごになりそうなゆめ
素敵すてきうたみちびいた
思春期ししゅんき少年しょうねんから
大人おとなわる
みちさがしていた
けがれもないままに
かざられたきばのない
せる人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
はなやいだまつりのあと
しずまるまち
ほしながめていた
けがれもないままに
とおざかる故郷こきょうそら
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
とおざかるあふれたゆめ
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio