「かすみ草」の歌詞 斉藤和義

2007/10/17 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
ながいた無人島むじんとう彼女かのじょふねっている
わったのはきみじゃなくて われなかったぼくなのに
一人ひとりべるおそ夕食ゆうしょく 一人ひとり見上みあげる星空ほしぞら
一人ひとりびるシャワーじゃ このよごれはとせない

そこは一人ひとりあいなき世界せかい こわれたままの砂時計すなどけい
モノクロームのつきのぼひかりえない未来みらい
もしもあい背丈せたけがあったなら きみ見上みあげてしまった
いますぐにふねぎだせば「まだう」ってってほしい

ったきみ写真しゃしん記憶きおく荒野こうやあるいた
道端みちばたには かすみそう きみったね「部屋へやかざろう!」
わらうと八重歯やえばがこぼれる 何処どこにも矛盾むじゅんえない
ねむりにちてもこの荒野こうやゆめなかあらわれる

ここはいつかきみみち をつなぎあるいたかえみち
どうしようもないジョークで わらころげたみち
もしもあいひとみがあったなら きみ透明とうめいのブルー
いますぐにふねぎだせば「まだう」ってっておくれ

ここは一人ひとりあいなき世界せかい まったままの壁時計かべどけい
あじのしないビールをんで ながめるきみのいない未来みらい
もしもあい背丈せたけがあったなら きみ見上みあげてしまった
いますぐにふねぎだせば「いたかった」ってってほしい

ここはいつかきみうみ 二人ふたりはしゃいでおよいだうみ
いつかあらしれば あのおだやかなうみ
もしもあいひとみがあったなら きみはこのうみのブルー
いますぐにふねぎだして「間違まちがってた」ってつたえたい

今漕いまこいでいるんだ あのしまだねきっと
今漕いまこいでいるんだ かすみそうった