「キミだけ」の歌詞 曽根由希江

2012/6/27 リリース
作詞
曽根由希江
作曲
曽根由希江
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめなかえないかな まくらぎゅっときついて
おもしてねむれないの たのしいんだ キミをおもうこと

今日きょう わたし気付きづいたよね?
わざとおおげさにわらってたんだよ

った瞬間しゅんかんなにちがうの キミだけ
どうしてあたたかくてくるしいんだろう
ざわついたなかだって声聞こえきこえた キミだけ
どうしてえないんだろう ずっと きって

おおきさくらべたり 隣同士となりどうしヒザがくっついてたり

かみをいじるゆびくせ
かおのぞいてくるあの距離きょり

わすれないように何度なんど胸辿むねたどるの キミだけ
メールも写真しゃしんりないから
ほか名前呼なまえよてするといやなんだ キミだけ
みんなとちがかお わたしせてよ

きそうになるくらい いとしいのはキミだけ
そらあおだって 灰色はいいろだって
明日あした期待きたいしながら 元気げんきくれるの キミだけ
昨日きのうより すこしでも気付きづいて きって