「冬の終り」の歌詞 松任谷由実

1992/11/27 リリース
作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実
文字サイズ
よみがな
hidden
かえ支度じたく教室きょうしつ
ふいに手紙てがみわたされた
いつから くちもきかない私達わたしたち
もうながいあいだ
試験休しけんやすみがけたなら
あやまりたいとおもってた
あれから かおわせることもなく
卒業そつぎょうしてしまった
頑張がんばるあなたがにくらしかったの
いてきぼりにされるみたいで
きずつけた まよってた
おなじだけさみしかった
ふゆおわりがるたびに
あなたの文字もじおも
なんだか はなのあたりがつんとする
かおりかしら
夢見ゆめみわたしをまだわらってるの
ノートをりたあののように
さがしてた なやんでた
わけもなく不安ふあんだった
なにつづってもうそになりそうで
返事へんじせず月日つきひなが
なぜかしら どこからか
ふとよみがえ
あのころ私達わたしたち
おなじだけたのしかった