「永遠が見える日」の歌詞 松任谷由実

2004/11/10 リリース
作詞
Yumi Matsutoya
作曲
Yumi Matsutoya
文字サイズ
よみがな
hidden
あいのゆかたで人待ひとまがおわたしづいたなら
きそうになるから すぐをとって
つれてって 川辺かわべまで

大事だいじ言葉ことば おうとしたときに 大輪だいりんひかり
あとから あとから はじけ 枝垂しだれて
歓声かんせいに さらわれた

あなたがいてわたしがいた 夜空よぞらなか
なにわずちかった はかなゆめ

えないで もうすこし このむねきつくまで
らされてた横顔よこがおとともに
いていて いつまでも いのるように じたら
その瞬間しゅんかん 永遠えいえんせて

こん水面みなもちてゆく花火はなび こんなかなしいなんて
あなたにうまでらなかったの
綺麗きれいだね こわいほど

あなたがいてわたしがいた 最初さいしょなつ
いつのにか どこにいても もどれるように
かがやいて もうすこし そばにいて きしめて
このにいる 意味いみをおしえて
かんでいて いつまでも なみだぐんで じたら
その瞬間しゅんかん 永遠えいえんせて
えないで もうすこし このむねきつくまで
一度いちどだけの 永遠えいえんせて