1. 桜時計歌詞

「桜時計」の歌詞 栗林みな実

2010/4/21 リリース
作詞
栗林みな実
作曲
齋藤真也
文字サイズ
よみがな
hidden
このはなくのは
きっと とおくない未来みらい
一歩いっぽずつ…
わたしかざ希望きぼう みつける

そのこころには もうとどかない
ずっとむかしがついていた
だけど…

こんなにちかくにいたのにね
いつのからすれちがっていた…?
かすりきずかさねながら
かなしくてもとなりにいたら
あなたをささえられるひかりになれるようながして
はなれられなかった なつわり…

わかりあえなくても
きっと それでよかったね
ひとつずつならべて
えらび、そだてたかった

ちいさなつぼみ
秒針びょうしんのように ときおしえて
あせらずにき、今日きょうも…

青空あおぞらにしてれてる
はなびらはかがやきにあふれて
わたしたちの記憶きおくになる…
ほこらしい自分じぶんきたら
いま過去かこわったころには わすれられる感情かんじょう
なみだいろさえも はかなゆめ

とおぎるかぜりゆく
はなびらはかがやきにあふれて
わたしたちの記憶きおくになる…
かなしくてもとなりにいたら
あなたをささえられるひかりになれるようながして
そのはなせなかったあのから
2度目にどめはるわり…