「スノウドロップ」の歌詞 森山直太朗

2008/1/30 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
スノウドロップ きみがいたあのころ
窓辺まどべかざっても 心寂こころさみしいだけ

いきをひそめて ったこととか
あめたれて れたこととか
全部嘘ぜんぶうそじゃないよ 全部嘘ぜんぶうそじゃないよ

スノウドロップ しろ世界せかいなか きみはあのときのまま
どんなにちかくにいても からないことばかりさ
もう一度いちど ゆめほころぶのなら 一人春ひとりはるつよ
このおもいが はるきみとどくまで

スノウドロップ りの逃避行とうひこう
よみがえ景色けしききみはモノクロの微笑ほほえかベ

しず夕日ゆうひ言葉ことばかくしたり
れるひとみ孤独こどくおぼえたり
いびつかぜなか本当ほんとうあいさがしていたね

スノウドロップ ふか闇夜やみよつき 不意ふいちるなみだ
こんなにはなれていても おもいはつのるばかりで
どうしても ときくのなら 心残こころのこしたまま
このおもいよ 夜空よぞらはなとなれ

しろ世界せかいなか きみはあのときのまま
どんなにちかくにいても むねいたきみはいない
未来永劫みらいえいごう こころくとも きっとつづけよう
このおもいが もう一度届いちどとどくまで