「夏の終わり」の歌詞 森山直太朗

2003/8/20 リリース
作詞
御徒町凧,森山直太朗
作曲
森山直太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
水芭蕉揺みずばしょうゆれる畦道あぜみち 肩並かたならゆめつむいだ
ながれゆくとき笹舟ささぶねかべ
ちたなつ恋唄こいうた わすれじのひと泡沫うたかた
そら夕暮ゆうぐ

途方とほうれたまま まぬあめなか
貴方あなたっていた 人影ひとかげのないえき

なつわり なつわりには ただ貴方あなたいたくなるの
いつかとおな風吹かぜふけるから

追憶ついおくひとこころ傷口きずぐちふか
霞立かすみた野辺のべ夏草なつくさしげ
あれから どれだけのときいたずらぎただろうか
せせらぎのように

だれかがいかけた 言葉ことば あつめても
だれもがわすれゆく なつかえらない

なついのなついのりは たえなる蛍火ほたるび調しら
かぜらした 風鈴ふうりんひび

なつわり なつわりには ただ貴方あなたいたくなるの
いつかとおな風吹かぜふけるから

なつわり なつわりには ただ貴方あなたいたくなるの
いつかとおな風吹かぜふけるから