1. 小さな恋の夕間暮れ歌詞

「小さな恋の夕間暮れ」の歌詞 森山直太朗

2006/6/15 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
みなみへとかう 背中丸せなかまるめた飛行船ひこうせん
見上みあげた横顔よこがお いつもとおな交差点こうさてん

つよがったとき不安定ふあんていきみ
何故なぜだろう、 いとおしく そっとせた

踏切ふみきり途切とぎれた言葉ことば 夕映ゆうばえにめられて
くちびるかたどった「サヨナラ」
ちいさなこい夕間暮ゆうまぐきみあるいてた

黄昏たそがれそらなくした異邦人いほうじん
らないまちから とど便箋びんせん

ったときけて はしゃぐ
きみかんだ とお別離わかれ

夕暮ゆうぐれににじんだなみだ 棚引たなび千切ちぎぐも
枸橘からたち木陰こかげもたれて
めないゆめりながら きみあいしてた

踏切ふみきり途切とぎれた言葉ことば こんなにもこいしくて
くちびるかたどった「サヨナラ」
まばゆ季節きせついだかれ-

とおざかるきみ背中せなか 人波ひとなみさらわれて
最初さいしょからかっていたんだ
ちいさなこい夕間暮ゆうまぐきみあるいてた

ちいさなこい夕間暮ゆうまぐきみあいしてた