「まだ生きてるよ」の歌詞 槇原敬之

1996/11/18 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくはまだきてるよ
まだきてるよ
まだきてるんだよ
ぼくはまだきてるよ
まだきてるんだぞ

40度よんじゅうどちょいのねつ
このとし最中さなか
街中まちじゅうVeryベリー Veryベリー Merryメリー Christmasクリスマス
耳鳴みみなりもジングルベル
出来できるなら ねぇ サンタクロース
プレゼントをくれるなら
おかゆかなにかがいいな
かるいものがいまはいい

物帰ものがえつめたくなった
のひらを彼女かのじょ
"大丈夫だいじょうぶ?"って
ひたいててくれるはずだったのに
すっかりぼくわかれたでいると
うわさにいたよ
しかも社長しゃちょう息子むすこってる
うちだって電気屋でんきやだ!(まいどあり)

ぼくはまだきてるよ
まだきてるよ
連絡れんらくくらい ちょうだい
フェードアウトは病人びょうにんにきつい
なおるものもなおらない

残業ざんぎょうえたぼくには
医者いしゃわりの看板かんばん
デパートだってやってるぜ
延長えんちょうしてよね
そういやむかしキスのとき
彼女風邪かのじょかぜをひいてて
キスしてぼくにうつせってった
わたし ばかよね(おばかさんよね)

だけどよくかんがえたら
こんなになる程仕事ほどしごとして
全然気ぜんぜんきにしてやれなかったね
そりゃ彼女かのじょおこるよ
おいらはリッチじゃなくても
いつだってこころ錦鯉にしきごい(うろこ)
でも気持きもちだけじゃ態度たいどだけじゃ
こいはうまくかない(んー)

ぼくはまだきてるよ
きてるうちは
精進しょうじんするから
わか文句もんくはソフトでおねが
まえすすませて

星様ほしさまにおねがいをしよう
あしたの出勤しゅっきんもあるし
どうかすこやかになりますように
はいずりながらカーテンければ
昨日きのう洗濯物せんたくものえやしない

(うっ! はきそう でもんじゃった ヘイ)

ぼくはまだきてるよ
こんな状態じょうたいひとわかったこと
世界せかい一番いちばん みじめなのは
風邪かぜをひいてうなってる
一人暮ひとりぐらしの独身どくしん俺様おれさま