「世界に一つだけの花」の歌詞 槇原敬之

2004/8/11 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
花屋はなや店先みせさきならんだ
いろんなはなていた
ひとそれぞれこのみはあるけど
どれもみんなきれいだね
このなかだれ一番いちばんだなんて
あらそうこともしないで
バケツの中誇なかほこらしげに
しゃんとむねっている

それなのにぼく人間にんげん
どうしてこうもくらべたがる?
一人一人違ひとりひとりちがうのにそのなか
一番いちばんになりたがる?

そうさ ぼくらは
世界せかいひとつだけのはな
一人一人違ひとりひとりちがたね
そのはなかせることだけに
一生懸命いっしょうけんめいになればいい

こまったようにわらいながら
ずっとまよってるひとがいる
頑張がんばっていたはなはどれも
きれいだから仕方しかたないね
やっとみせからてきた
そのひとかかえていた
いろとりどりの花束はなたば
うれしそうな横顔よこがお

名前なまえらなかったけれど
あの日僕ひぼく笑顔えがおをくれた
だれづかないような場所ばしょ
いてたはなのように

そうさ ぼくらも
世界せかいひとつだけのはな
一人一人違ひとりひとりちがたね
そのはなかせることだけに
一生懸命いっしょうけんめいになればいい

ちいさいはなおおきなはな
ひとつとしておなじものはないから
NO.1ナンバーワンにならなくてもいい
もともと特別とくべつなOnly one