「今年の冬」の歌詞 槇原敬之

1994/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
電気でんきストーブのひくいノイズと
きみ寝息ねいきがとけるころ
そっとベッドからぬけして
キッチンでミルクをついだ
しあわせをたしかめたくて
ねむれないよるがあるね
ざましのあかいLEDが
誕生日たんじょうび日付ひづけになった

ってたセーターを
相棒あいぼういぬがかんでいて
ひどくしかりつけていたら
あげたのはわたしよとわらった

今年ことしふゆぼくには
きみがゆっくりもる
このまちのあたたかいものを
あつめてもきみにはかなわない
去年きょねんさむかったよる
ゆきったのように
何時いつでもかまわずに
ぼくをゆりおこすきみでいて

手渡てわたしでもらう年賀状ねんがじょう
もちろん宛名あてなもないけれど
二人ふたり名前なまえだれかに
おくのことをおもった

からっかぜがまどをゆらす
自慢じまんできることといえば
ポケットをきみにぴったりの
手袋てぶくろえれることくらい

あたらしいカレンダーには
いろんな記念日きねんびがあるけど
べつなんでもないときこそ
そばにいる2人ふたりでいよう
すべてにれることで
きみがいなくならないように
言葉ことばつたえられなくても
ぼくぼくのことをがんばる

今年ことしふゆぼくには
きみがゆっくりもる
このまちのあたたかいものを
あつめてもきみにはかなわない
ぼくとまちがえてきみ
きしめてねむいぬ
すこしだけやきもちをやいた
自分じぶんにてれるふゆよる