1. 僕のものになればいいのに歌詞

「僕のものになればいいのに」の歌詞 槇原敬之

1997/11/27 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
こいちてしまったのは
あのときかえったら
きみがまだってくれてたから

仕事しごともたのしくなってきて
さびしい気持きもちもとくにないのに
こんなときぼくかせたきみ

Kissにをとられて
きみはつないでおいた言葉ことば
リードをはなしてしまった
恋人こいびとがいるの。どうしよう。」

ぼくのものになればいいのに
きしめるだけとおくなって
ぼくのものになればいいのに
はなれれば はなれるだけ
ちかくにかんじるよ

かれにばれたらあなたはきっと
いたにあわされる
ゆびのピストルをぼくあたまにつきつけた

かれつよそうにえるけど
本当ほんとうはとても自信じしんがないの。」
ぼくゆびからタバコをきとって った

T-shirtのすそから
はいってきたきみはすこし
つめたいけど もうすぐぼく
体温たいおんであたたかくなる

ぼくのものになればいいのに
きしめるだけとおくなって
ぼくのものになればいいのに
はなれれば はなれるだけ
ちかくにかんじるよ

こんなにかなしいのに
ぼくわらってる
無理むりもしてないのに
ぼくわらってる
つよいもの同志どうしきずめあい?

ぼくのものになればいいのに
きしめるだけとおくなって
ぼくのものになればいいでしょう
はなれれば はなれるだけ
ちかくにかんじるよ