「夏のスピード」の歌詞 槇原敬之

1992/5/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
夕立ゆうだちあとそらげるようにながれるくも
僕等ぼくら明日あしたも こんなふうならいい
きしめたぼくうで本当ほんとうはほどきたいのに
じっとしているのは 最後さいごのガマンだろ?
さよならの場所ばしょえら余裕よゆうさえないほど
ぼくら なにを いそいだの?!

した"さよなら"は きみちいさなこえ
はじめに "ゴメン"と ったのはぼくこえ
夕暮ゆうぐれがおそすぎて かげむのに もう
つかれた あのなつように…

はねたみずれた スカートのすそ にしながら
ひとなみきみえてくよ
ちいさすぎるかたかなしいとおもうのは
自分じぶんけた 最後さいごつよがり…
あれ程君ほどきみわれた 背中丸せなかまるめるくせ
それさえなおせないまま
傷付きずついたふりをして ちがってえるまち
たのしみながら あるくようなぼくだけど
雑踏ざっとうでもクラクションでも
こめかみにのこってる
いたみさえもしてくれない

した"さよなら"はきみちいさなこえ
はじめに"ゴメン"と ったのはぼくこえ
夕暮ゆうぐれがおそすぎて かげむのに もう
つかれた あのなつように…