「彼女の恋人」の歌詞 槇原敬之

1993/4/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくくるまにそんなふうに かんたんにれるんだね
たしかにちゃんといえまで おくるつもりだけど
ぼくとあいつのにいつか はいんできたきみ
最初さいしょきになったのを 二人ふたりらない
雨続あめつづわった今夜こんや ほしがたくさんえる
あいつのまえでならどんな
かおできれいねとうの?
勇気ゆうきだけじゃ できないことがある
彼女かのじょ恋人こいびとぼく友達ともだち でも もしこのくるま
ロケットがついてたら
あの星空ほしぞられさりたい

日頃ひごろぼくほうわりと もてるほうなんだけど
ここぞとときには あいつがさらってく
自分じぶん親友しんゆうだから いいやつにまってるけど
友達ともだちではじまった 三人さんにんだからこま
気持きもちのアクセルなかなか めないぼく
出足であしがよくないと いつも 教習所きょうしゅうじょでもわれてた
ほしかずほどいるひとなか
どうしてきみきなんだろう
ほしかずほどのひとなか 一番いちばん
不幸ふこうだなんておもわないけど
僕一人ぼくひとりだけが友情ゆうじょうなんて言葉ことば して
なやむくやしさより 二人ふたり
似合にあうのがもっとくやしい
ほしかずほどいるひとなか
きみ出会であったのはうそじゃない
だからぼくくるまに ロケットがついてても
どこへも つれさらない ぼくのものじゃなくても
きみがやっぱりきだから