1. 迷わない羊歌詞

「迷わない羊」の歌詞 槇原敬之

2000/11/29 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
すこなみだぐむようなこえ
まるでまよえる子羊こひつじのように
問題もんだい山積やまづみのぼく
電話でんわしてきてはなしてくれたね
「あなたのことを邪魔じゃましたり
きずつけるひと絶対ぜったいゆるさない」
そのゆるせない人達ひとたち
平気へいきあそんでるくせに

子羊こひつじたちがまよわけ
さびしいのはいやだとれて
うふりしてうばいあい
したばかりいてるから

わざわざしんじてって
自分じぶんからわなきゃ
ひと裏切うらぎることもないのに
わざわざしんじてなんて
自分じぶんからわなくても
しんじてもらえるのが本当ほんとうでしょう
でも無理むりだね
きみ嘘吐うそつきだもの

そのつくろうだけで
もっともなことうなら
わからなくてだまってるほう
つみつくらないだけマシ

子羊こひつじたちはさびしさに
おそわれるひとこころれて
自分じぶんってもらうとうれしい
言葉ことば上手じょうずにかける

わざわざしんじてって
自分じぶんからわなきゃ
ひと裏切うらぎることもないのに
わざわざしんじてなんて
自分じぶんからわなくても
しんじてもらえるのが
格好良かっこいいでしょう
でも無理むりだね
きみ嘘吐うそつきだもの

ぼくらのまえあらわれる
いくつものかれみち
みんなのえらほうかなら
ただしいとはもうおもえない
こころにつくる場所ばしょ
うそかくすためならば
たないほうえらぶよ
ぼくまよわないひつじになる

わざわざしんじてって
自分じぶんからわなきゃ
ひと裏切うらぎることもないのに
わざわざしんじてなんて
自分じぶんからわなくても
しんじてもらえるのが
格好良かっこよいでしょう
でも無理むりだね
きみ嘘吐うそつきだもの