「Chocolats et Sweets」の歌詞 槇原敬之

2008/11/19 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたがくちまわりとゆび
べたべたにしないと
べられなかったころから
なにわらないこのChocolat
いまもあのガラスケースのなか
みんなきちんとならんで
あのころ君思きみおもして
あえるたのしみにしてる

うれしかったときも ひとつ
ないたときも ひとつ
こいをしたとき半分はんぶん我慢がまんしていた
わすれたときべてごらんよ
あなたをはぐくんだどんなあいおぼえてるよ
あのchocolat

わらない気持きもちを
あいぶのなら
むかしいまわらない
あまくほろにがい このあじあいあじ

うれしかったときも ひとつ
ないたときも ひとつ
こいをしたとき半分はんぶん我慢がまんしていた
わすれたときべてごらんよ
あなたをはぐくんだどんなあいおぼえてるよ
あのchocolat

うれしかったときも ひとつ
ないたときも ひとつ
こいをしたとき半分はんぶん我慢がまんしていた
そんな自分じぶんわすれたなら
住所じゅうしょかまえもあじもあのころのまま
あのみせでまってるよ

あのchocolat