「DARLING」の歌詞 槇原敬之

1994/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ちょっとおくれただけじゃないかよと
いかけたぼく
もう5回目ごかいめだよねと
きみがブロックをかけた
海沿うみぞいは渋滞続じゅうたいつづ
おなかもすいたけど
ランチはきみのひざのうえ
がっちりおさえられてる

理由りゆうとしては
充分じゅうぶんすぎることをならべてるのに
まるでわかってないといたそうに
一瞬いっしゅん ぼくただけ

Darlingダーリン,Myマイ Darlingダーリン
仲直なかなおりのKISSキスのしるし
うしろにしたキャップのつばを
きみはらんぼうにもどした
Wohウォー Darlingダーリン, Myマイ Darlingダーリン
まどそとをみているけど
ちいさなみみをすましながら
ぼくをうかがってる

きだと言葉ことばだけでは
かたずけられない
恋人こいびとになったからこその
ありがとうが大切たいせつ
おこってかえってもしかたない
あのあつ日射ひざしのした
ってくれてた姿すがた
かぜをほどいていくよ

やっとぼく
ひざにのってきたやさしさなのに
なぜてあげる気持きもわすれてると
きみいま おしえてくれた

おもしたよ
キャップのつばがきみ
ひたいにコツンとあたって
はじめてのKISSキスわらったこと
しあわせがすぐに
さないように
だれかがそばにいる意味いみ
わすれないでいるよ

Darlingダーリン,Myマイ Darlingダーリン
仲直なかなおりのKISSキスをしよう
二人ふたりわらいだせばほら
すべてが味方みかたにつくよ
Wohウォー Darlingダーリン, Myマイ Darlingダーリン
あぶなくなんかないよ
KISSキスわってもきっとくるま
渋滞じゅうたいうごかない