1. SPY歌詞

「SPY」の歌詞 槇原敬之

1994/8/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
おあずけになったデートに
がっかりしていたけど
偶然君ぐうぜんきみかけた
なんて運命的うんめいてき2人ふたり

おめかしとうよりちょっと
変装へんそうちかふく
出会であったころなら
きっと見過みすごしてた

ひょっとしたらべつのやつと
ってたりして
あとをつけてみよう
イタズラごころがついた

だけど しんじてる しんじてる
きみしんじてる
2人ふたり日々ひび大丈夫だいじょうぶだと
背中せなか
指令しれいくだされた
ぼくは T-shirtとやぶけた
ジーンズにかためたスパイ

超能力者ちょうのうりょくしゃのように
彼女かのじょだましてやれ
"今日きょう あのってたろ?"
おどろかおたい

たかそうなくるまよこ
きみきゅうまる
運転席うんてんせきおとこ
かるげた

ぼくむね
きゅうスピードでたかなる
きみはまわりをにしながらヤツと
キスをした

しゃれになんないよ なんないよ
わるゆめならば
はやめにさめてと
呪文じゅもんのようにさけんでる
真実しんじつることが
こんなにつらいなら
ぼくはスパイになんかなれない

うそをついてまでほしい
しあわせがぼくだったのかい?
なみだてきた
今僕いまぼくわらうやつは
きっとケガをする

だけど しんじてる しんじてる
どうかしんじさせて
両腕りょううでがじんとあつくなるくらい
きしめたつよ
きみ身体からだ
アザのようにのこればいい
そしていつかおもして
うそ見抜みぬけないほど
こいちた
役立やくたたずのスパイを