「The Fog」の歌詞 槇原敬之

2004/8/11 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
めだしたきりきみ
さがぼくかんにぶらせる
わったあとでもう二度にど
無駄むだあらそいはしないとちかうのに
だれかにたのまれたわけじゃなく
二人ふたりらそうとめた
場所ばしょからきみぼくのどちらかが
もう何度なんどしていった

あのあかるい場所ばしょ横浜球場よこはまきゅうじょう
ナイトゲームの照明しょうめいきりらし
ふくらんだひかりがまるで着陸ちゃくりくした
巨大きょだい宇宙船うちゅうせんみたいにえるから

まるできみ何処どこかずっととおくに
さらわれていくようながした
きりれていくのと一緒いっしょ
きみうしなうなんてやだよ

さっきよりふかくなったきり
見慣みなれたいつもの景色けしきして
にぎやかなまちおとうば
ぼくらない世界せかいえていく

このきり足止あしどめをされなければ
自分じぶんわるところはないかひとつも
まだかんがえようとしないぼく
きみきずつけてしまったかもしれない

まるでぼくがそれに気付きづあいだ
きみとおくにかないように
きっとこんなやさしいきり
神様かみさまがかけてくれたんだ

なにかをもとめてばかりいたんだ
なに出来できるのかかんがえもせずに
もうさがしにはかない
あの部屋へやっていよう
きっとかえってくるきみのために

まるでぼくがそれに気付きづくそのとき
ずっとっていてくれたみたいに
きりれてもうぼくきみ
かえみち間違まちがえない

きみぼく神様かみさまがくれた
不思議ふしぎよるわすれない