1. Turtle Walk歌詞

「Turtle Walk」の歌詞 槇原敬之

2002/11/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
うしろからきみたときに
ぼく背中せなかだとわかるように
あのときからぼくはもうこれ以上いじょうだれとも
きそうことはやめようとこころめたんだ
にした一番いちばんよりぼくがほしかったのは
あきらめなかったつよこころだとづいたから

さぼってけたウサギをわらうような
ずかしいことをするよりも
こつこつあるかめになって
正直しょうじきわらっていたい

I'm gonna keep on walkin'
just like a turtle.
まえつづみち
ぼくらしくあるいて
うしろからきみたときにも
ぼく背中せなかだとわかるように

おなみちあるいていたとしても
ひとはそれぞれこころかう場所ばしょ目指めざすんだ
だれかと競争きょうそうして無理むりはしったとしても
つかれてしまうだけさ これはレースじゃない

さぼってけたウサギをわらっている
ひまなんてあるはずないくらい
こつこつあるかめになるのは
本当ほんとう本当ほんとうむずかしいけど

I'm gonna keep on walkin'
just like a turtle.
まえつづみち
ぼくらしくあるいて
うしろからきみたときにも
ぼく背中せなかだとわかるように

I'm gonna keep on walkin'
just like a turtle.
まえつづみち
ぼくらしくあるつづけたい
うしろからきみたときにも
ぼく背中せなかだとわかるように

ぼく背中せなかだとわかるように